Lifewares & Co. | ライフウェアーズ

Lifewares & Co.(ライフウェアーズ)オフィシャルウェブサイト

Y’s Diary


アーネストリネンシャツのこと。

今日はアーネストリネンシャツのことを書いてみようと思います。

前回のロイヤルマリンシャツと同様に、このシャツも初期から作っているデザインです。

メンズっぽいのにどこか上品で、女性らしい繊細さがあり、

首元がきれいに見えて飽きのこないシャツ。

そんなイメージを元にこのシャツの特徴とも言えるホリゾンタルカラーをポイントに

パターンメイキングしています。

ホリゾンタルカラーとは、釦を閉めた時に衿がまっすぐ水平線(horizon[ホライゾン])

のように見えることからホリゾンタルカラーと呼ばれメンズテーラーの中でもクラシックな衿の形です。

台衿まできっちり閉めても少々のゆとりがあり

釦を2つ程開けても衿の鋭角さがないので柔らかい印象を与えてくれるのではないかと思います。

更にこの糸釦の繊細さが柔らかな印象を残してくれています。

もちろん、生地はロイヤルマリンシャツ同様60/-の(60番手単糸)フランス産の麻糸を、

麻糸を扱い慣れている伝統ある国内の工場で織っています。

若干の光沢感とハリコシがあり美しい表面が高級感のある素材。

仕上げにシワになりにくい防シワ加工を施しています。

後ヨークに飾りループを、ケンボロは長めに格好良く。

裏を返しても美しい縫製で、ロックは使わず全て折り伏せ縫いの始末。

キリっとした中にも優しさが残るアーネストリネンシャツは

実は、文豪アーネスト・ヘミングウェイからとって名付けました。

ヘミングウェイが着ていそうなシャツ…そんなイメージからアーネストリネンシャツと。

実際にはボタン・ダウンシャツやサファリシャツを好んで着ていたようで

このようなホリゾンタルカラーシャツを着ている写真は見つけられていませんが…。

柔らかで大らかな笑顔の中に繊細さが潜んでいるヘミングウェイにちなんで

長く愛されますように…と思っています。

【A PIECE OF LIBRARY】アーネストリネンシャツ  16,500円

yasu

 

ロイヤルマリンシャツのこと

もう長い間作っているロイヤルマリンシャツ。

ブランドを立ち上げた時からの商品になるので親友みたいな感じです。

カジュアルだけど襟元や肩の収まり具合がきちんとしてて

どこか品があって奥行きを感じられるシャツを着たかった、

それを形にしてマリンシャツと名付け、今はロイヤルマリンシャツに改名しました。

当初はサイズ展開もなく、自分が着れるサイズ感で作っていましたし

前身頃左右にポケットも付いていました。

当時のポケット付きのマリンシャツをお買い上げのお客様からは

またポケット付き作って!なんていうリクエストもいただいたりして

永くお付き合いいただいているんだなぁと感慨深いものがあります。

この小さな丸襟が海兵隊が着るシャツのイメージだったのでマリンと名付けました。

…てん

 

そしてマリンシャツもまた月日と共に成長し

見えない部分で修正を加えたりしながらサイズ展開をし、今に至ります。

生地は60/-の(60番手単糸)フランス産の麻糸を、麻糸を扱い慣れている伝統ある国内の工場で織っています。

若干の光沢感とハリコシがあり美しい表面が高級感のある素材。

仕上げにシワになりにくい防シワ加工を施しています。

そんな美しい麻布で裏を返しても美しい仕上がりになるように丁寧に縫製していただいています。

こちらは裏を返した脇下です。全て折り伏せ縫いでロックは使わない仕上がりです。

また台衿を押さえるステッチはダブルステッチ。

この方が台衿の立ち具合が良くしっかりと立ってくれます。

作った当初はこんなに長く作り続けられるとは思ってなくただ美しいシャツを作る、

という思いだけだったような気がします。

このシャツが棚にあるだけで親友が見守っているような気がして初心に帰るのです。

そんな定番と言われるシャツは他にもいろいろと…

また次回ご紹介させていただきますね。

【A PIECE OF LIBRARY】ロイヤルマリンシャツ  16,500円

yasu

 

 

 

 

 

 

 

JAMDANIシリーズ~インドより~

JAMDANI(ジャムダニ)は、一見ジャガード織りのようにも見えますが

実は、模様を出したい部分にのみ横糸をすくって模様を織りなす

ベンガル地方に古くから伝わる伝統技法のこと。

実はずっと作ってみたかった織りのひとつではあったのですが

複雑な柄故に民族衣装的印象が強く、洋服にするにはネイティブ感が出ちゃうなぁなんて思っていたら

例のインド人社長が

「Dotはカンタンね」(←Dotはネイティブです)

と言うので念願叶って大好きなドット柄で織ってもらうことにしました。

爽やかで涼し気、飽きの来ないドット柄は永くご愛用していただけるのではないかなぁと思っています。

軽やかで柔らかいKhadi cottonのストールは強い日差しを遮るのに重宝する一枚。

小さく畳めるのでバッグの中にそっと忍ばせておけます。

オフ白ベースにサラシ白のドット柄、ナス紺にオフ白のドット柄の2色。

ブラウスとセットアップするのもおススメです。

【A PIECE OF LIBRARY】ジャムダニポワストール  17,600円

ゆったりサイズ感の7分袖ブラウスは安心感のあるデザイン。

脇スリット止まりに真鍮の飾り釦がポイント。

【A PIECE OF LIBRARY】ジャムダニポワブラウス  23,100円

ギャザーたっぷりのふんわりブラウスは共布のリボンがポイント。

【A PIECE OF LIBRARY】ジャムダニパールブラウス  26,400円

開き気味のスタンドカラーが首元をきれいに見せくれます。

素材の大らかさ、ドットの可愛らしさを感じるワンピースです。

【A PIECE OF LIBRARY】ジャムダニパールワンピース  39,600円

軽くて柔らかな素材感、JAMDANIの繊細さ、これから到来する蒸し暑い日に

きっとお役に立つと思います。

yasu

ピンタックに魅せられて

インドのロックダウン明け一気に稼働しようやく入荷したピンタックシリーズ。

お待たせしておりましたお客様にご案内できることにホっとしたというのが正直な気持ち。

このピンタックシリーズは毎年生地やデザインを変えてお作りしてますが

その繊細なディティールは私自身も大好きなクラフト。

ベースとなるkhadi cottonは幾度となくご案内しておりますが

手紬ぎ、手織りのインドを代表する織物のこと。

機械紡績とは違い、糸自体にムラがあり均一ではないので

通気性、吸湿性があり、更に柔らかさ、軽さ、手織りの

温かみを感じていただける素材でもあります。

歴史的に見ればこのkhadi cottonはマハトマ・ガンジーがイギリスからの独立運動の際に

イギリスの機械織の綿布に対する抵抗手段として、

インド各地を歩き手織布によってインド人の独立を即したことで普及されたと言われています。

別名[The fabric of freedom]とも呼ばれています。

インドで製品を作る時、インド人の社長は日本語は話せるけど読めない、英語はペラペラ。

そして私は英語が話せない、イメージはわかる…でも話せない。

WeblioとLINEの画像を駆使しながらサンプル依頼から製品上がりまでどれほどの時間がかかったか…

そしてやっぱり英語は必要言語だと改めて実感するのであります。(笑)

でも…ここまでの製品が出来るのは英語より何よりも

インドの縫い子さん、ピンタックを折る熟練した技術によるもので

それこそインドの人達に脈々と受け継がれている技術に感動するのです。

でもインド人社長は言う

「ITもすごぉいよ、インド」

ですよね…。

今回は贅沢にピンタックを施した3型。

【A PIECE OF LIBRARY】カディコットンシェルワンピース  38,500円

【A PIECE OF LIBRARY】カディコットンシェルブラウス  26,400円

【A PIECE OF LIBRARY】カディコットンエールブラウス  29,700円

ハシゴのように見えるビーディングと呼ばれる技法をピンタックの間に施しています。

また、スペア釦はこんなかわいい小さな袋に入っています。

こういう小さなところにもクラフト。インドセンスです。

お色はインディゴブルーとブラック。

どちらの色も褪め過ぎず深すぎず、合わせやすいお色です。

是非お手に取っていただきたいアイテムです。

yasu

 

ハギレセットが素敵なマスクに!

レジ脇にひっそりと置いているハギレセット。

これをお求めになる方も多く嬉しい限り。

街の生地屋さんではこんなかわいい生地や柄はないからと

喜んでいただいているようです。

このハギレセットでマスクを作る方がなんと多いことか!

ミシンで縫っていたり、手縫いであったり、ワンポイントのアップリケがしてあったりと

それを見るのが楽しい土曜日でした。

良いもの見せていただきました、ありがとうございます!

そんな中から見せていただいたマスクコレクション。

いろんな形があって、その日の気分でコーディネートしているそう。

とてもかわいいですよね~。

耳にかけるゴムの部分はファンデーションが付いてしまうからと

コーヒーで染めているそうです。

すごく考えられて作っていてそのお話も楽しかったです。

つい最近までの普通の日常がなんと恵まれていたことかと

とことん思い知ったこの数か月。

そんな中でこういうものを見せていただくと

人の心の豊かさに元気をもらった週末でした。

yasu