Lifewares & Co. | ライフウェアーズ

Lifewares & Co.(ライフウェアーズ)オフィシャルウェブサイト

Y’s Diary


ピンタックとレースと。

 

DSCN8608

レースやピンタックのブラウスが工場さんから上がってきました。

今回は綿・テンセル混のタイプライター地で、柔らかな風合いの中にも少々の張りもあり着心地の良い素材です。

この時期、ニットのインナーに重宝するのと、少し先の入卒時期にも対応できるのが嬉しいシリーズ。

製品洗いをしていますが、きちんと着る場面ではプレスをしてあげればピシっとなってくれます。

オスカーレースブラウス¥17.000+tax

襟と袖口にレースを施したブラウス。繊細なレース襟。裾に入ったトーションハシゴレースがポイント。

DSCN8621

DSCN8626DSCN8623

シンシアレースブラウス¥18.000+tax

ピンタックとトーションレースの繊細なブラウス。スカラップレースの柄が可愛いです。

ロイヤルレースブラウス¥ 15.000+tax

襟と袖口にトーションフリルレースを施しています。甘くなり過ぎない程度のフリフリ具合。

DSCN8627

フランコレースブラウス¥16.000+tax

ピンタック、ギャザー、レース…好きなもの全部。レースはちょっと硬派なデザイン。

レースやピンタックはどうも可愛すぎるわ~と思いがちですが、定番のアイテムと合わせると

意外と馴染むのでオススメです。試してみてくださいね。

 

DSCN8444

そして先日はお天気が悪い新潟を出て、R&D.M.Co-の2016春夏展示会に行ってきました。

富士吉田で展示会を開催するのは今回で3回目。

富士吉田の空気感や、悠々とそびえ立つ富士山の迫力、スタッフの方々の笑顔やおもてなし、

 

DSCN8570

DSCN8564

DSCN8500 DSCN8501

DSCN8481

DSCN8560

そして何と言っても丁寧にきちんと作られた新作の数々。楽しかったです~。

久々のドライブに窓を走る景色に癒され、心地良い疲れと共に新潟の帰路に着きました。

運転はしてないけどね。

DSCN8573

帰りは、トンネルを抜けるとみぞれだった…やっぱりね。

yasu

修正日記

自分はカジュアルでパンツスタイルが多いのに

レースやフリル、ギャザーやピンタックのブラウスやワンピースを作ったり

レースを選んだりするのが大好きで手元に置いておきたくて結構在庫があったりするのです。

新しいものから古いものまで、いろいろ。

繊細で美しいものが好き、これって反面教師的ってことなのでしょうか…?!

好きな分、パターンメイキングとなると細か過ぎてたまに嫌になって休憩したり。

↑あ~なんかアナログ過ぎて恥ずかしくなっちゃう…ピンタックの指示パターン。

夢にピンタックが出てきたり(笑)。でも好き。

さて、展示会も終わってそろそろ量産に出す為の準備を始めています。

もう一度、おかしな箇所がないかトワル(綿のシーチング)で確認しているところ。

これはKhadi cottonシリーズのワンピースの部分確認。

キャップスリーブがちょっと気になりますね…ピュンっと袖口がはじけています。

ここにダーツを入れて少し柔らかい印象のお袖に修正。

肩の丸みと腕の一番上の筋肉の盛り上がりを隠すように柔らかなラインにして。

これから約1か月程かけて修正予定。思いがけず上から斜めから予期せぬ事態が

起こってくることを想定して、やっぱり1か月半はかかるかな…

そして、早く出して~工場さん待ってる!!とかって怒られながら

はいはい、頑張ってますよ、何せCADないですから~~!!と毎度の答え。

修正って正直好きじゃないけど…サイズや指示を間違えたりしたら大変だし。

結構神経使いますね、そんな疲れた脳のために甘~いものばかり補ってるこの頃です。

yasu

美しい所作

秋冬の展示会が終わったあたりを目途に

毎年11月頃、健康診断をしていますが…先日も一年振りに行ってきました。

…どんなに技術が発達してもやはりバリウムを飲むしかないのでしょうかね…

デリカシーのない人を丸飲みしている気分。わかりますか?この感覚。

発泡剤でシュワシュワになった口の中にバリウムを流し込む。うぅぅ

飲むテンポが大事だと思うのですが、朝一は難しいですよね~。

あ、ちなみに検査台で回るのはいい感じでしたよ~。

紅葉も落ち着いて、欅の枝にはもう残すところあとわずかという感じ。

店前は吹き溜まりになって、葉っぱがクルクルクルって回って回って丸く納まる…

先日、着物や帯のメーカーをされている方とお話しする機会がありました。

着物のお仕事以外にもいろいろなお仕事をされている方で、

中国やインドの生地や刺繍の知識も豊富で話していてとてもためになることばかりでした。

そんな知識豊富な方に聞いてみました。

私:「お正月に着物を着たいと思っているんです。(ニコッ)」

マダム:「お正月に?これから?!」

私:「これから?」

マダム:「お正月に着物を着るのはとても良いけど、首が日焼けしてるわよ。

お着物を着るにはまず首がきれいじゃなくちゃ!それと、お正月までに何回か着て慣れておかないと、所作が大切なのよ。」

私:「所作……(汗)首……(汗)」

パンツの多い毎日の中で、美しい所作等ほぼ考えたことのない私は目からウロコなのでした…。

着物を着た時の美しい首や背中、足さばき、手の動き…きっとお正月に着物を着るって今は少々特別なこと。

その特別になんの準備もしていなければきっと恥をかくと思っていただいたのでしょうね。

日々の生活の中で少しでも意識していれば所作も美しくなれる?!かな…。

yasu

展示会御礼と仮想企画

 

2016SSの展示会も終わりほっと一息というところ。

お忙しい中ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

麻から綿、綿麻にシフトしていき、シャツやブラウスそしてボトムと

コーディネートが楽しいアイテムが増えた印象の今回の展示会。

よりお洒落が楽しくなるいろいろな提案ができるかなと思っております。

 

納品は1月頃から順に、どうぞ楽しみにしていてくださいませ。

そして今回の展示会場は中庭がある素敵な空間。

ちょっと歩けば代官山蔦屋書店というワクワクするような立地で

何度も行ってしまう手軽さの中に洗練された空気感。

そこにいる人も働く人も全てお洒落で意識が高いこと…

朝、スタバで並んでいるとエビゾーも並んでいた…うーん空気感が違うのだよやっぱり。

その後、スタッフと結構真剣に新潟だったらどこがいいかと勝手にミーティング。

仮想全開。(笑)

郊外なのか集客が今ひとつな古町近辺なのか

その場合駐車場のスペースはどうするか

雪の場合のカフェの有りや、商品展開の提案

幅広い年齢層の集客を狙うためにここでしか出来ない企画や提案

自然が多い新潟であっても素敵な時間を過ごす為のランドスケープも必要だとか

話が膨らんでいく…なぜこんなに膨らんでいくのかって

こんな場所が欲しいと思っているからでしょうね、きっと、強く。

文化的な場所で良い時間が手軽に過ごせたら素敵ですよね。

今回は展示会でも沢山のお客様とお話しさせていただき

また、展示会以外のところでも懐かしい友人に会って近況を話したり、

とても充実した期間でした。

きっと神様からの贈り物ですね、また頑張ろうっと。

yasu

満足感を求めて

(柾谷小路も通行止め、新鮮です。)

なぜ走ろうと思ったのかな…辛く苦しいのに…と思ってしまう。

でもそれはランナーにしか知り得ない満足感があるのでしょう。

(わ~きたきた~)

その満足感はどんなものだろうと考えてみても遠い世界のことのようで

走らない私には到底わからないことですが、見るのは好き。応援も好き!

(きた~いっぱい!)

頑張っている人を見るのは感動します。涙出ます。

そして、頑張っている人にこそ応援が支えになると信じて応援します。

今年も新潟シティマラソンが開催され、沿道で応援しました。

家では五郎丸選手の涙にもらい泣き。泣いてばかりのこの頃であります。

そういえばこの夏の読書感想文に[風が強く吹いている]を選んだ息子。

珍しくひたすら読んでいたからきっと面白いんだろうなと思っていました。

一言でいうとこの小説はある大学の陸上部員が箱根駅伝を目指すという話で

駅伝という競技の面白さと部員それぞれの緻密な心の動き描かれていて

駅伝への情熱と、吹き抜けるような爽やかな空気感のある作品です。

実は、走らない私でも、あ、それちょっと分かる!っていう場面がありまして

ある部員が競技の最中に「随分さびしい場所だ」と例えたのですが

走ることではないけれど、パターンをやっていると

たまに一瞬さびしいと感じることがあります、ほんの一瞬…

満足感はその先で、必死になってやっていると誰もがそんな感情を抱くこともあるのかなと。

今月末、2016S/Sの展示会。もう少し、あともう少し。ラストスパート!

自分を応援!(笑)

yasu