Lifewares & Co. | ライフウェアーズ

Lifewares & Co.(ライフウェアーズ)オフィシャルウェブサイト

Travel


THE DEARGROUNDとR&D.M.Co-と

富士吉田に行ったら富士山を拝んでこよう!!

張り切って向った先は富士吉田で作り出される[R&D.M.Co-]の来春夏の展示会と

カフェとギャラリーが併設された[THE DEARGROUND]のオープン記念に。

残念ながら、あいにくの曇り空で富士山は雲隠れ…でしたが、

[THE DEARGROUND]は思っていた以上に素敵な空間。

その空間にしむら夫妻の笑顔や心遣いが随所に溢れ、

温かで気高い空気感が漂い、感覚が澄んでいく感じがしました。

空間は人やモノで大きく変わっていくことをまた学んだ次第です。

店内は沢山の窓が備えてあり太陽の光が大きく入る感じで…

ただし、曇りだったのでその光は見えませんでしたが(笑)

私は結構曇りも雨も好き、この空間なら雨も素敵だろうと思います。

そして印象的な大きなテーブルは、廃業した機屋(はたや)さんが

生地の反物をチェックしたりストックしたりしたものだそう。

古い木でしたがすべすべして温か味がありました。

長さが3.6Mもあるのですって!この空間がどれだけ広いかってことです。

また、写真奥の方には素敵なアンティークのアクセサリー等を扱う

[CAFÉ CAFÉ MARKET]さんも常設されています。

ちょっと自分を見失いそうな位!素敵なアクセサリーが並んでいます。

お近くに行かれることがあれば…又は目指して、是非行かれてみてください。

[THE DEARGROUND] 

〒403-0004山梨県富士吉田市下吉田6-18-46

0555-73-8845

こちらは展示会の様子。

今回も生地の風合いも色もデザインも素敵なものが沢山あり

かなり見応えのある展示会でした。

納品は来年2月頃からです。お楽しみに。

 往復10時間、滞在2時間の日帰り富士吉田。

謙虚なモノ作りの姿勢がやはり美しいと感じた一日でした。

yasu

心が豊かになる巻…の巻

新潟市西蒲区に 巻という地名のところがある

とてものどかな所で 海も山も近く

ワイナリーなどもあり そして空が広い(…と感じてしまう)

先日 そのエリアに住まう友人宅へ…

可愛い姫君の向こう側には 桜の木やら何やら

季節の移ろいを存分に感じることができる景色が広がる

一歩外に出ると…この風景

川の向こうのあの建物の中には水槽がいっぱい…さてわかりますか?

そして後ろに振り返ると この建築が佇む

エクステリアと呼ばず あえて外構工事と呼ぶにふさわしい作業はこれから…とのこと

4月になったら またどんな景色になっているのか…

また秋にはどのように様変わりするのか…とても楽しみなおウチ

さしずめ今は2月なので しばし雪景色になるのかな

僕の尊敬する氏の言葉を借りて云えば

‘そういった風景の中で’…この日

僕たちも心が豊かになって 巻を後にしました

スキージャンプの葛西選手はレジェンドと呼ばれているが

僕のまわりには 勝手に僕が神と呼んでいる方々が何人かいて…

この家の主人もそのうちの一人で 巻の神と呼んでいる(笑)

その神が数年前に 居酒屋で僕に云った言葉

「私の場合、仲間が集って笑いあえるスペースがあれば十分だと思ってるんです…」

そして今 彼がつくった家はまさしくその言葉にふさわしいものだった

木工人である上越安塚の神も このように云っている

東京在住時代 豊かさをはき違えて認識していたであろう僕たちが

新潟に来てから 本当の豊かさを知っていくきっかけを教えてくれた

神たちに感謝です

koba

MaG.東京展を終えて…の巻

【a piece of LIbrary】で参加した 合同展MaG. 先週無事に終了しました

本当に沢山のご来場と…実りある新しい出会いに大変感謝いたします

ありがとうございました

また 他の出展者さんたちともとても仲良くさせていただき

おかげさまで楽しい3日間を過ごすことができました

設営終了直後…こんな感じ

お向かいの靴屋さん

会場2階の窓から望む癒しの風景(下は目黒川)

最終日前夜…東京時代お世話になった先輩SHIGEちゃんのバーにて

・・・(笑)

会期中はいろんな意味で余裕がなく…残念ながら

肝心の会場風景を撮影できておりませんでした…

さてさて今週は MaG.大阪展

4泊5日の旅…いろんな出会いを楽しみたいと思います

koba

 

心躍る街並み…の巻

これは何処の国の街の風景なのかと一瞬思う

デンマークではないし…そう日本です 横浜です

横浜市中区海岸通り 素敵な響きの住所だ

先週 何年振りかにこの場所へ出張で行ってきた

僕も若かりし頃は このエリアに良くドライブに来てたことを思い出す

懐かしい

真直ぐ行けば「横浜大桟橋」

右に行けば「ホテルニューグランド」があり そして「山下公園」

左にしばらく行くと「横浜赤レンガ倉庫」

後ろを振り返り ちょっと歩けば「横浜中華街」

異国情緒漂うこの辺り 近代建築の散策さながら本当に心が躍る…

山手の「港の見える丘公園」「外人墓地」「ドルフィン」

「バンドホテル」のバスタブは黒い薔薇 とか

中区以外は横浜とは云わない などなど

さまざまなミュージシャンや小説家のフレーズが頭をよぎる…

そんな余韻に浸る間もなく その日の僕たちは

新しい試みの仕事の打ち合わせを終えて 「日本大通り」という

スケールの大きい(笑)名の駅まで急ぎ歩いた

来年にはぜひ一泊で訪れたい…

そして 同じ港町である新潟には「みなとぴあ」があることに…ほっとする

koba

 

 

 

過ぎ行く夏に想う…の巻

ずいぶんと日が短くなった

残暑が厳しくても日々随所に秋の気配…

今年の夏は佐渡に行けなかった

でもその代わり いろいろな新潟を楽しむこともできた

鹿児島から遊びに来た…女神のような母と天使のような息子二人と共に

十日町に出かけて楽しい時間を過ごすことができた

.

新発田の滝谷で満天の星を見た

そして自然の音の響きを満喫できた

・…

新津のよへいろんファームにて元気な野菜をたくさん収穫体験させてもらいつつ

少しばかり野菜の勉強もさせてもらった

そして何より 嬉しそうに燥いで出迎えてくれる…わんこのルルにまた会いに行きたい(笑)

そんな楽しかった夏の思い出に浸りつつも

この秋に向けてまた気合を入れ直していこうと思う今日この頃…

store room も新しい節目に入るところで静かなる変貌を遂げようとしているし

a piece of Library も初の試みで 今週末からギャラリーでの展示販売をする

また 再来週の19日からは福岡で新作の展示会だ

でも一つだけ 予定していた事が中止になった

毎年恒例 10月の初めに豪農の館で催される…小春日和なイベント

‘小春展’

会場である「北方文化博物館」の古民家の屋根の修復工事の関係で開催できないとのこと

そして 他の会場では‘小春展’は有りえない といったところから

今年の開催は断念することになった

楽しみにされていた方々には大変申し訳ございません

来年また あの豪農の館でお会いできるのを楽しみにしています

最後にまたお知らせ

明日の6日(木)の閉店時間を18時とさせていただきます

ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします

koba

Page : 1 / 212