Lifewares & Co. | ライフウェアーズ

Lifewares & Co.(ライフウェアーズ)オフィシャルウェブサイト

Lisa Larson

数年前に、神田駿河台にある「山の上ホテル」で
友人達が小さな結婚披露パーティーをしました。

御茶ノ水駅を降りて、ホテルに向う坂道を抜けると
緑の木立の中にひっそりと、上品に、そのホテルは佇んでいました。

更にホテルに入ると決して広くはないのに暖かな空気に包まれて
壁の色や質感、絨毯の色、天井から下がるライト、光…
目に入るいろいろなものがクラシックで美しく
心のツボにすっぽりと収まった感覚になったのをよく覚えています。

待合室に入り、その暖かな雰囲気に包まれながら周りを見渡すと
大きな大きなライオンの置物が…。
ライオンのくせにかわいくて
しかも訪れた人達に触られたせいか頭はツルツル。
かわいい奴、そんな印象でした。

思い返せばこれがLisa Larsonとの初めての出逢いでした。

そして数年後、Lisa Larsonのライオンは店内に並ぶことになり、
ブルドックや猫のMIAなんかもいたりして随分と賑やかになりました。
もちろんヴィンテージではなく復刻版だけどまた新しい時を刻んでいける気がしています。

先日また新しい仲間が入荷しました。
癒されますよ。

ちなみに「山の上ホテル」のシンプルなサンドウィッチが絶品。

yasu

Lisa Larson
Lisa Larsonはスウェーデン 陶芸学校卒業後、1954年Gustavsberg社へ入社。
1979年までの約20年間にわたりGustavsberg社の専属デザイナーとして活躍。
やさしくかわいいコケティッシュな動物や家族の愛情、
素朴で温かみのある表現豊かな表情のフィギュアを製作する。
Gustavsberg社ではLisa Larsonと同時期にStig Lindbergも在籍し、
Stig LindbergやKarin Bjorquistらと並びGustavsbergを代表する作家となる。
1979年に同社を退社しフリーランスとして活躍する。
60-70年代は積極的に個展や展覧会を催し海外でも作品の展示を行う。
90年代に再びGustavsberg社に工房を持ち現在も現役で活躍中。

山の上ホテル
日本におけるクラシックホテルのひとつであり、特に1936年(昭和11年)に
完成した旧館の建物はアール・デコ調のクラシカルな内外装を残している。
かつて出版社の密集していた神田に近いところから、作家の滞在に使われることが多く、
「文人の宿」とも言われていた。
かつては川端康成、三島由紀夫、池波正太郎らの作家の定宿としても知られている。

毎日通える「文化」の場…の巻

もちろん仕事だが 数か月に一度くらいのペースで埼玉に出かける

と云っても…あの暑い熊谷市にある 僕の実家には寄ったり寄れなかったり

まぁそれはいいとして 今回は先週の水曜日に行ってきた

そして仕事の合間に立ち寄ったのが ここ『NEWLAND

最近オープンしたこの施設

store room に並んでいるフレーム 【piece×peace FRAME】を製作している

インテリア設計だけでは収まらない…デザイン会社「dessence」の仕業

荒川を跨ぐ熊谷市のはずれに…突如現れるこの商業施設

大型重機の収納倉庫や自動車教習所の事務棟を改装したりして面白い

そして 広い敷地に様々な文化を体感できる場が…

本当に素晴らしいと思う

画像を拡大してじっくりどうぞ…

ごく普通の田舎の田園風景の中に 歓声が…いや感性が交錯する『NEWLAND』
また一つ 埼玉に素敵なトコロができた
実は最近思っている 埼玉が密かに熱くなってきていると…

koba

リネンのシャツ。

夏も本番の暑さになってきました・・

暦の上では,明日は大暑・・。みるからに暑そうな。

・ 

そんな中,新作の柔らかなリネンガーゼのシャツが届きました。

ぽこぽことした表面が愛らしい生地でデザインは

とてもシンプルなガーゼリネンシャツ。

 

肌に触れた感じはとてもふっくらとしており,肌触りにこだわりのある方には

とても嬉しいシャツです。

 ・・

【a piece of Library】アイランドガーゼシャツリネン  13,650円

 ・

また,暑い盛りのころには【a piece of Library】の定番のシャツ、

“マリンシャツリネン”がおすすめ。

シルエットのきれいなプルオーバータイプのシャツでやわらかくさらっとした着用感が

汗をかく夏にはとてもうれしい存在です。

・・ 

【a piece of Library】マリンシャツ リネン  12,600円

 

この夏,すこしでも快適に過ごしたいですね。

・ 

naka

愉しいお台所しごと。

すごく疲れた日を除いて・・

台所仕事は私のストレス発散となっている。

たとえば,千切り・・。これはストレス発散になります。

茹でたり煮たりするのも楽しい。

出来上がるのを待つ時間は,料理本・・とりわけ料理の裏ワザ特集などを眺めたりして過ごします。

唯一、楽しくないのは・・『食器洗い』。

ところが最近入荷した【Redecker】のブラシたち。

これなら頑張れるかも。

なべ底や焦げ付いた汚れをこれでゴシゴシ。

【Redeckerキッチンブラシ/小¥578/柄付き¥578 ・バンブーのカゴ/L¥2520/M¥2100/S¥1680

買い物リスト入りです!

もうお取り置きしたのは・・人気の【ALDIN】のフロアマット。

【ALDIN】フロアマット¥3.570/作業台¥11.550

/バンブーのカゴ¥3.990(現在、完売中。入荷の予定があります。)

しっかりとしたリネンで作られたフロアマット。

ブラックのラインがさりげなくすてきです。

この上に先日ゲットしたバンブーのカゴを置き(野菜を入れています),

キャスター付きの作業台を置きたい!

・・と妄想中です。

そう、こんな風に。

【ALDIN】トルション¥1.785/【ROYAL COPENHAGEN】スクエアトレイ¥13.650/木のサーバー¥2.520

こちらは【ALDIN】のトルション。鮮やかなイエローが爽やかです。

インテリアはもちろん、ファッションにも。

丁度好さそうなサイズ感の日本の古い家具もいくつかあり・・

あれもいいなこれもいいなというところです。

いつものキッチンが楽しくなるもの,揃っていますよ。

※ALDINの商品は少量生産のため,ネットショップでご紹介しておりません。

詳細をお知りになりたい方はメールや電話にてご連絡くださいませ。

naka

基本に帰る

暑い暑い日が続いておりますが・・・

皆様お変わりございませんか?

何をするにもヨイショ!と言いながら作業をしてしまう今日この頃です。

掃除は嫌いではないのですが、出勤前のお掃除は特に億劫に・・・

最近購入した掃除機が重く感じ(実際重いのか私が弱ってるのか・・・)熱さも感じ

そんな時、REDECKERのほうきが頭をよぎり、基本に帰ろうと思いました。

見た目も素敵で、やる気も出ます。やはり赤はやる気を起こさせる赤、食欲も出ますよね・・・

ブリキのバケツもアンティーク調で素敵!揃えたい一つです。

 

 

 

 REDECKER 赤い柄のほうき(1680円) ブリキバケツM(2310円)

deco