Lifewares & Co. | ライフウェアーズ

Lifewares & Co.(ライフウェアーズ)オフィシャルウェブサイト

レースのシャツドレス

ベースは光沢感のある生地を使用したシンプルなロングシャツですが

胸元にウエディングドレスにも使用される豪華なケミカルレースを使用。

水溶性の生地に刺繍して、刺繍後機械から外し溶解して糸だけ残す手法のレースで

懐かしさもあり遠い昔に母のブラウスやワンピースでも見たような・・・憧れのレースだった。

年齢を重ねてまた着てみたいと思わせてくれたシャツドレス。

個人差はありますが160cm以下の方なら膝が隠れて1枚でもバランス良く着ていただけます。

本日は特に湿度も高く浮腫が酷くて足がパンパンでお見苦しいのですが。

これからでしたらタイツなどでカバーしたいと思います。

先日、入荷のご案内でTERAさんがパンツと合せてました。

 

【a piece of Library】グランデールシャツドレス  25,920円

 

ビックリするくらい足が太い!

同色のスカートを重ねてみました。

中に合せる物や身長で雰囲気が大分変わります。

是非お試し下さいませ。

 

Coordinate: DECO(store room) / 159cm

感謝の気持ちが豊かに繋がる。

今月13周年を迎え

皆様にお祝いをいただいたり心温まるお声をいただいたり、

支えて下さる多くの方のお顔を思い浮かべてはありがたく嬉しい気持ちになります。

お心遣いに感謝致します。本当にありがとうございました。

また新たな気持ちで頑張りたいなと思っているところでございます。

こちらは毎年下さる女神様のようなお方から。壁掛けタイプ、素敵です。

笑顔がチャーミングなお二人組の昔からのお客様から。

本当にびっくりするくらいふわっふっわのシフォンケーキ、いろんな味が楽しめて美味しすぎます。美意識高くお話も楽しいチャーミングなお客様から。

毎年、クリスマスリースのワークショップをやって下さる藤井さんから!こちら表裏、裏表のニュアンスが全く違うのに

ものすごいバランス感。さすが!ちなみに今年もやります、ワークショップ。お楽しみに~

頑張る…というとまた少しニュアンスが違うのですが

この頃私は、流れに委ねてその時その時を楽しでいられたらいいなという

少し肩の力が抜けたようなそんな感覚でいます。

何故か…それは多分年齢を重ねたせいももちろんあるのですが

沢山のモノに溢れた世界にほんの少しのお気に入りがあれば豊かなんじゃないかと思うわけです。

それが頑張らなくても自然と歩み寄ってくれることもあるでしょうし

自分からその豊かなものを作ることも出来るからかな、と。

先日、息子とラーメンを食べて帰った日。

息子は自転車だったので冗談っぽく

「後ろに乗せてよ~」

と言ったら、真顔で

「は!?マジ無理」

分かってますよ、冗談で言ったんですから!

そんなわけでラーメン分の消費を歩きに変えて家まで歩いて帰ることに。

それこそラーメンを食べたことも歩いて帰ったことも自然な流れだったわけですが

夜風が気持ち良く秋を感じる思いがけず豊かな時間だったのです。

家に着くと、汗まみれの私に夫と息子が

「おー頑張ったね~」と。

そして速攻ビールです。なんと美味しいことか。

(あれ?ラーメンの消費は!?)

とても小さな世界の話で申し訳ない位なのですが、私にとっては豊かな出来事でした。

「頑張る」から少しシフトして「豊か」なもの作りをしてきたいと今は感じています。

また、ご来店下さるお客様にもそう感じていただけたら幸いです。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

yasu

拘りぬいたパターンから感じる美しさ

移り変わりや変化が速い時代 、変わりゆくもの 変わらないもの。

Nigel Cabournより届いた新作は、品質に妥協しない素材使いやディテールにこだわった綺麗なシルエット。

ヴィンテージがデザインのベースになっていて、当時のデザインを踏襲しながらも

現代的にアップデートしています。

 

【Nigel Cabourn】KAPOK BLOUSE  23,760円

1920年から30年代のヴィンテージがデザインモチーフになったお袖が印象的なブラウス。

すっきりとしたデザインですが、アームもしっかりとあるので体型問わず着ていただけます。

身長153㎝~170㎝のスタッフで身長差がありますが、それぞれのシルエットで楽しむことができました。

素材はコットンとカポックの混紡で、カポックとは水に浮き、繊維の中の約80%空洞状態で

比重が軽く撥水性に優れている素材です。この特徴を活かして救命胴衣として使われていて

丈夫でやわらかな素材感は、着込むほどに体に馴染んでいきます。

前裾と後裾に前後差があるデザイン、サイドのボタン、ふんわりとしたお袖など

どの角度から見ても表情豊かなシルエットがポイントです。

サイドにボタンが付いていることで、細身のブラウスですが着脱がしやすくなっています。

女性らしいデザインですがどこか力強さもあり、様々な着こなしが楽しめそうです。

 

【Nigel Cabourn】KAPOK PLEATS SKIRT  34,560円

セット使いもできるブラウスと同じ素材のスカートも入荷しております。

当時のギャザースカートをベースにしたスカートはブラウスのセットアップも可愛くて

スタッフの間でも好評でした。

ヨーク下からタックギャザーを施しステッチで留めてあるので広がり過ぎず、

コットンの程よいハリ感で美しいシルエット。後姿もリボンがアクセントになっていて印象的です。

昔から女性は綺麗に見られる様に、シルエットを考えていた事がわかりますね。

一番上の写真のようにブラウスとセットアップにしても素敵ですよ~。

 

【Nigel Cabourn】WORKWEAR PANT  33,480円

軽さのあるオリジナルのウールメルトン素材を使用したサスペンダー付きパンツ。

ヴィンテージのワークパンツをベースにすっきりとしたシルエットで女性らしくも着こなせる一本です。

ヒップから裾にかけてテーパードしたシルエットで、サスペンダーは着脱可能です。

膝下まで裏地を配していますので、ウール素材のチクチク感もありません。

ベルトを外して、パンツとしても活躍してくれそうです。

Nigel Cabournのパンツは私も愛用していて、すっきりとした美しいシルエットは着る楽しみを教えてくれます。

 

【Nigel Cabourn】COTTON DRESS  27,000円

ドライで肌馴染みの良いポプリン素材を使用したワンピースドレス。

1930年代のスリープシャツから着想を得てつくったチュニックシャツをロング丈にアレンジしたデザインです。

サイドに深く入ったスリット、小さめな襟や細かなステッチ使い、そして礼装用シャツに用いる胸部のブザムなど

当時のデザインを現代的にアップデートして、より女性らしさを引き立ています。

バックスタイルには細かなギャザーを施し、自然な丸みを帯びた美しいシルエットが印象的ですね。

 

どのデザインも考え抜かれたシルエットがとても美しく、肩の凝らないおしゃれさ。

フェミニンですがタフな凛とした女性らしさを感じます。

ぜひ店頭にてご覧くださいませ。

 

TERA

受け継がれてきたデンマークのものたち

長く愛され、使い続けられた味わいのある家具や食器、オブジェなどがデンマークから届きました。

緑や花を連想させる心温まる模様の食器、時を重ねて味わいを増したヴィンテージの家具や雑貨が

9月13日(金)よりstore room の店頭に並びます。

 

時代が変わっても、決して色褪せることのない憧れの存在。

アルネ・ヤコブセン 3本脚タイプのVINTAGEスツール、座面のカーブがとても美しいデザインです。

ハンス・J・ウェグナーの椅子と共にお店に並びます。

 

ソーイングテーブルもいろいろなデザインを取り揃えました。

素材のもつ質感を活かしながら、道具としての実用性も兼ね備えたシンプルなデザインは

室内で過ごす時間が長くお裁縫などが盛んだった北欧ならでは。

時代や場所が変わっても、暮らしの空間に溶け込んでいく家具が並びます。

 

 

ソファサイドやお部屋のちょっとしたところに。

マガジンラックやスツールは、お部屋の空間を引き立ててくれます。

 

緑や花を連想させる心温まる模様の食器や、飽きのないシンプルな佇まいのステンレスの食器、カトラリーなど

ヴィンテージのテーブルウェアも並びますよ。

 

時の経過を慈しみながら日々使うたび、眺めるたびに、側にあることの嬉しさを感じられる

デンマークの家具や食器、オブジェが 9月13日(金)よりお店に並び、豊かな時間へと誘ってくれます。

皆様お誘い合わせの上、ぜひご来店くださいませ。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

尚、準備の為、9月12日(木)を臨時休業とさせていただきます。

ご来店の際には、どうぞお気を付けくださいませ。

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

storeroom

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無形で無二のものを目指して13年…の巻  Y’sDiaryならぬK’sDiary

今朝早く、玄関を開けて外に出たらとんぼが近づいてきて季節の移ろいを知らせてくれました。

このY’sDiaryを借りて今日だけK’sDiaryといことで久しぶりに登場させていただきます。

2006年9月6日にOPENしたstore room、おかげさまで13周年を迎えることができました。

そして2015年9月にOPENしたhouse yardもおかげさまで4周年を迎え、重ねて御礼申し上げます。

house yardオープンのきっかけになった2014年9月の阪神梅田本店でのポップアップイベント

あっという間の13年ではありましたが…

その間はいろいろなことがあり山あり谷ありの繰り返しでした。

さまざまな人達と出会い、そして今、沢山の方達に支えられていることを強く実感しています。

昔、私がまだ20代前半の頃、ある大先輩に云われた言葉。

「お金をくれる売り先も大事、でももっと大事なのは作ってくれる仕入先」と。

私たちのもの作りに協力してくれる工場さんや職人さんには本当に感謝しています。

そういったサポートがなければ、試合が始まらないし仕事が成立しません。

そして初めて、ご購入いただくお客様に感謝できることになるんだと思っています。

私たちは洋服だったり雑貨だったりはたまた家具だったりのモノを販売しています。

しかし、意識の中では目には見えない価値を提供していきたいと心がけています。

それは正解がないことでしょうし、未だ確立もできてもいません。

でも私たちだけにしか出来ないこともあるのではないかと日々チャレンジしています。

私が新潟に来てから13年の間に出来た仲間たちも目に見えない価値あることを提供してくれます。

家まわりの不具合があったら大至急駆けつけてくれて最善策を考じる建築家。

店舗のレジカウンター製作を依頼したら想定外の素敵なものを作り上げる家具職人。

店舗やアトリエを快適な環境にするための細かいわがままな工事のリクエストに

一つ一つ答えてくれる内装工事のマネージャー。

山登りで登頂した時の達成感を延々と語り、この秋山登りに行こうと誘ってくれる腕利き大工の棟梁。

会社の数字以外のさまざまな動向に対しても何かと世話を焼いてくれる頼りになる経理事務所の所長。

 

こういった仲間たちからも刺激を受け、そして支えられていることを感じながら

これからも私たちスタッフ共々力を合わせて

皆様にとって心強い味方、そして頼りになる唯一無二の店になれるよう精進していきたいと思っています。

これからも一緒に楽しい時間を共有していきましょう。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

koba