Lifewares & Co. | ライフウェアーズ

Lifewares & Co.(ライフウェアーズ)オフィシャルウェブサイト

Y’s Diary


やっぱり必要なんだ…日傘って。

荷物はなるべく持たず軽快に歩きたいと常々思っているのですが

この夏、日差しの強さに負けそうです。

日傘を持ち歩くことがほぼなく、むしろ帽子をかぶることが多かったのですが

(手がふさがるのがなんとなく嫌でした…)

もう帽子+マスクでは熱がこもってしまってこれでは熱中症になってしまう!

しかも高校生女子も通学で日傘を差す時代です。

そんなわけで今回日傘を選んでみました。

傘の失くすことが多い私にとっては

コンパクトでバックに入るのが安心でいいなと思います。

【Bon Bon Store】ドローイングチェック折り傘(晴雨兼用) 14.300円

【Bon Bon Store】スクエアエンブロイダリー日傘 19.800円

【Bon Bon Store】アイボリーベーストリプルライン日傘 24.200円

※Webshopに上がっていない商品もございます。

是非店頭にて、又はお気軽にお問合せくださいませ。

私一人をしっかり日陰にしてくれて守ってくれる強い味方は

折りたたみのドローイングチェックの日傘にしようかと思います。

暑い夏、新しいアイテムを取り入れるのはワクワクしますねー。

皆様も日傘を差して、水分補給をしっかりしてお過ごしくださいね。

 

yasu

 

サンプルセール御礼と、まだまだご覧いただけます。

7月9日から開催いたしましたサンプルセール、

多くのお客様にお越しいただきました。

ありがとうございます。

この2日間はご予約制とさせていただきましたが

お休みをとってご予約いただいたり

この日を楽しみにしてご来店いただいたりと

日々の生活の中で小さな楽しみができたと言っていただいたことが

私達にとってもとても嬉しいことです。

ありがとうございます。

明日11日からはご予約なしでもご覧いただけますので

是非お誘い合わせの上お立ち寄りくださいませ。

皆様のお越しを感染防止対策をしてお待ちしております。

蒸し暑い日々ですが近くの白山神社では

蓮が元気に美しく咲いていました。

お散歩がてら(少し距離ありますが…)行くのもいいかもしれませんね。

yasu

 

 

待ちに待ったスモークツリーのスワッグ!

「藤井さん、クリスマスのスワッグにスモークツリー入れたいんですよ!」

「…泰子さん…スモークツリーは5月下旬から6月中旬の頃です…」

なんて無知丸出しでお願いしたのが昨年の夏の終わり頃。

そうかそうかそうだったのか…。

あまりにも知らなすぎた自分が恥ずかしく、

じゃ、その頃またお願いします!!なんて言っていたことが

今回実現して素敵な素敵なスワッグが出来上がりました。

藤井さんの作る繊細さと大胆さの絶妙なバランスが

今回の作品にも映し出されています。

色の入れ方やお花のチョイス、コントラスト、

懐かしいような新しいような、

庭に咲いていたか、通学路で見たか…

そんな遠い記憶を呼び起こすような温かい気持ちになります。

しばしお会いしていない藤井さん。

そして藤井さんのワークショップを楽しみにしているお客様。

今年はクリスマスのワークショップできるかな…

なんて淡い期待を抱きつつ。

今回の「初夏のスワッグ」を作っていただいた藤井さん、

そしてお求めいただいたお客様には心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

フレッシュな状態からドライになっていく様子も

楽しんでいただけたらなと思っております。

我が家は画鋲とか釘とかを打てる壁ではないので

唯一打てる柱にぐぐっと画鋲を。初打ち!

おぉ~

yasu

 

 

久しぶりの入荷は癒されました。

夕方に近づくと少し涼しくなるものの

日中は青空が広がって気持ちの良い陽気。

そのかわりお昼を食べた後は少々眠くなりそうな…。

そんな穏やかな日々に久しぶりにLisaのアニマルシリーズの入荷!

愛らしい動物たちの表情に心癒されています。

Lionはずっーと待っていたので尚嬉しいのです。

この大きさがうちにはちょうど良くてオーダーしてから長いこと待っていました。

さっそく家に連れて帰りまーす。

ご安心くださいね、あと何頭かはちゃんと皆さまのお越しをお待ちしておりますので。

そして他の子達も可愛らしい表情でお待ちしております。

 

 

yasu

 

道具は大切に。

 

そもそもデザイナーになりたくてこの世界に入ったのに

なんでパターンナーになったんだっけ!?

(いや、どっちもね)

なーんてこの頃思い出したりしてみるのですが…

そう、デザイナーと言っても私の場合は企業デザイナーであって

世界の名だたるデザイナーとは絶対的に違うわけなので、

どうしたらもっと愛嬌のあるデザインで

ほんの少しのスパイスが効いたデザインで

生地の特性を生かせるデザインが

頭に思い浮かぶあの形が消えないうちに

大急ぎで形に出来るんだろうと考えたのです。

そこで…、

もしも私がパターンを引けたら布に逆らわない

馴染み良いデザインが出来るかもしれないし

パターンナーに指示しなくとも自分でサクっと引いてしまえば

目に見える状態ですぐに確認することができる!と考え

同時進行で今までやってきている状態です。(笑)

そんな感じなのでパターン在りきのデザインは道具がとっても大事。

最近はCADでパターンを引くため定規の出番は少なくなりましたが

鋏は今でもトワルを組んだりするのでとても大切な道具。

ずっとずっと研ぎたかった裁ち鋏をようやく刃物屋さんへ出し

抜群の切れ味になって帰ってきました。

おかえりー!

古い木造家屋で優しいお顔の店主さんが迎えてくれました。

おばあちゃんの家にあった急な階段やベージュの壁が懐かしかったなぁ。

yasu