Lifewares & Co. | ライフウェアーズ

Lifewares & Co.(ライフウェアーズ)オフィシャルウェブサイト

Y’s Diary


TRANSISTOR botanica LaBが贈る、クリスマス。

この時期になると待ち遠しくなる 個性的でありながら上品な彩り、

愛らしいフォルム、ほのかに香る芳香… 今年もstore roomに素敵なリースが

TRANSISTOR botanica LaBから届きました。


誰かを想いながら… もちろん自分にだったり…季節を感じながら楽しむ気持ち、大切な気持ちを込めて

TRANSISTOR botanica LaBが贈る、2019年のクリスマス

Christmas wreath

クリスマスに映える葉の美しいグラデーション

Christmas wreath ¥5.000+tax  

size 約φ30

それぞれのフォルム、色彩を活かしながら表現されたリースは

折り重なったグレビレアの葉っぱのグラデーションがアクセントになり、

個性豊かな植物が彩りを添え可愛さだけではない美しさを感じます。

ルナリア、コットン、シルバーブロニア、フィリカ、サルノコシカケ…

グレビリアの葉のグラデーションがきれい…アクセントにはギザギザ模様のバンクシャー

 

 

11月上旬頃から限定数量にて店頭、Webにて販売致します。

ご予約、ご質問等お気軽にお問合せくださいませ。

Tel:025-378-8377

Mail:post@lifewares-web.com

※花材は仕入れ状況によって内容が変わる可能性がございます。

 


 

Christmas work shop

2019.11.16sat at store room

今年もTRANSISTOR botanica LaBの藤井さんを迎えてクリスマスリースレッスンを行います。

今回はオウゴンミズキの枝を曲げながら、捻るように組み合わせた土台づくりからはじります。

土台が出来たら、個性豊かな花材を土台の上にレイアウト。

彩り豊かな植物で飾るシンプルなクリマスリースです。

かわいいピックペッパーやアップル…

ユーカリの実、シナモン、モミ、ローズヒップ…

 

藤井さんのお話やアドバイスを聞きながら2時間ほどで完成します。

季節を感じながら自由な感性で彩る楽しいレッスンです。

この機会にぜひ、ご参加ください。

 

Christmas work shop

日時:2019年11月16日(土)

①11:00~13:00 ②15:00~17:00

場所:store room

料金:6000円税込

※レッスンで製作するのは、上記の一種類となります。

また、仕入れの状況により花材が予告なく変更する場合があります。

■お申込み先/store room TEL.025-378-8377

MAIL. post@lifewares-web.com

 

 

 

【TRANSISTOR botanica LaB】

 H.P.FRANCE H.P.DECO FLOWER部門にてウェディング,

 イベント装飾、 展示会などのデコレーションなどを受け持つ。

 その後、恵比須の花屋point neufにて活躍。

 2015年4月江東区清澄にアトリエ兼ショップをオープン。

 JILL STUART,LOUIS VUITTONなどの会場装花やELLEmariage・In Red・Graziaなどの人気雑誌を中心に活動。

 

最近買った赤いもの

5月にDove&Oliveの予約会をした時にきれいな赤に惹かれてウォレットを予約。

キリの良い10月1日に下ろして約1か月。

なんだかすでに良い色味になってきています。

鞄の中の財布!財布!と探さなくてもパッと目立つのでストレスフリー。

赤い財布はお金が貯まらないとか燃える色だとかって聞きますが

好きな色を持つのは気持ちが良いものですね~!気分上がります。

そしてこのお財はがばっと開くので小銭もさっと出るし収納力があるのが嬉しいところ。

ハンドステッチもかわいいです。

そして先日の新宿のイベントでご一緒させていただいた

CAFE CAFE MARKETさんで購入したアンティークのイヤリング。

素材はガラスで深ーい赤が印象的。

こんな大きなイヤリングはしたことがなかったのですが

意外に目立ち過ぎず肌なじみがいいのですんなり付けることができました。

どんなお洋服にも合わせやすいのでこれもお気に入り。

気付けばこの頃赤を手に取ることが多いなぁ。

赤が似合うお年頃です。

yasu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 大人のこれから』素敵に歳をとっていきたい

大人になったら、着たい服@伊勢丹新宿店 『 大人のこれから』。

無事に終了致しました。

ご来店下さいましたお客様、伊勢丹onlineをご利用いただきましたお客様には

改めまして感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

出展者でありながらとっても楽しい4日間を過ごさせていただきました。

沢山のお客様とお話させいていただく中で多くのことを学んだ

私達にとってとても有意義なイベントとなりました。

初日の25日にはトークイベントもさせいていただきましたが…

緊張してしまい、大丈夫だったのか?と思うことも多々。

後で見たらひっくり返りそうなので見ません(笑)が

こんなこともなかなかないことなので良い経験になったかもと自分の中で納得。

つたないお喋りをフォローして下さった一田さん、楽しく盛り上げて下さる多佳子さんに感謝しつつ

ご覧いただいたお客様にも感謝申し上げます。

重ねて御礼申し上げます。

今回のイベントは過去最高の33ブランドの出展ということで

楽しみにご来店いただいたお客様も多くいらっしゃいました。

各メーカーさんやセレクトショップのオーナーさんも素敵な方が多く

そこにいらっしゃるお客様もまた自分のスタイルを確立されていて

素敵で格好いい方々に感化され、お洒落は永遠!

ずっと服を好きでいたいと思わせてくれたことにも感謝しています。

歳を重ねることがますます楽しみになってきました。

大人には大人のお洒落がある、自分自身を知りよりよくお洒落を楽しみ

またご提案していきたいと思います。

この度は本当にありがとうございました。

またお会いできますこと楽しみにしております。

yasu

 

 

 

 

ローゲージニットのアイテムたち。

お店の前の欅が色付き始めたと思っていたら

今日は風でヒュルヒュルと落ち葉が舞っています。

センチメンタルな風景です(笑)、もう秋ですね…。

[冬、いちばん着たいニット]ではオーロラニットシリーズをpick upしておりますが

こちらは7ゲージでアンゴラ混の糸を使用した使いやすい色、肉感、シルエットのアイテム達です。

その他に3ゲージのニットもお作りしているのでご紹介致しますね。

今回の3ゲージのニットは素材が2種類、どちらも手横と呼ばれる機械で編んでいます。

手横とは…昔お母さん達が家で使っていた家庭編み機のような機械で

ゆっくりと編み進めていく昔ながらの機械のこと。

機械で編んだ時のように均等に美しい面ではないところに魅力があり

それが3ゲージの糸ともよく合い、温かみのあるふっくらとした肉感になっています。

この機械がある工場さん、実はとってもご近所にあってびっくりしました!

言われなければわからないけど、知ったら嬉しいもので宝探しのお宝を見つけたような気持ち。

大切にしていきたいです。

一つ目の素材はモヘア、アルパカ、ウールが混紡された超ふんわり感のあるネイチャースラブニットシリーズ。

スラブ糸なので編地に強弱があり表情豊かな風合いです。

若干の重みもありますが着ていると体に馴染む感じがします。

前明きのベストは今着るのにちょうど良いアイテム。

シャツやC&Sに合わせても素敵。

【a piece of Library】ネイチャースラブニットベスト  28,600円

モコっとしタートルがポイントのプルオーバーはふんわりと体を包んでくれる頼もしいアイテム。

【a piece of Library】ネイチャースラブニットタートル  31,900円

2つ目の素材はウールをベースにアルパカとネップが入った牧歌的な印象のクロシェットニットシリーズ。

畦編みで肉感を持たせながらも軽い着心地で存在感のあるアイテムです。

ハイネックプルオーバーは身頃から続く衿の感じがスマートですっきり見えます。

【a piece of Library】クロシェットニットプルオーバー  26,400円

ベルト付きのロングカーデはベルトに結び方で表情が変わる頼もしいアイテム。

お手持ちのキルトピン等で閉めるのもいいですね。

【a piece of Library】クロシェットニットカーデ  35,200円

寒くなるにつれてハイゲージからローゲージに移行していくお洒落も楽しいものです。

是非お試しくださいね。

さて明日から始まる大人になったら、着たい服 @伊勢丹新宿店「大人のこれから」に出展致します。

暮らしとおしゃれの編集室

新宿伊勢丹店

私は初日25日(14:00~)に、パーマネントエイジ の多佳子さんと編集の一田さんとのトークショーに参加させていただきます。

お二人ともとーっても素敵な女性でそしてとにかく楽しい方々。

この機会に是非お立ち寄りいただきトークショーやお買い物を楽しんでいただけますと幸いです。

皆さまにお会いできますこと、楽しみにしております。

yasu

待ちに待ったコートと靴がやってきた!

昨年もご紹介しておりますNigel cabournのトレンチ。

今年もやって参りました!

昨年ちょっと興奮気味にご紹介いたしましたが、結局その冬はこのコートをほぼ毎日着て通勤しました。

高密度で織られているので暖かなインナーを着れば雪の日も意外に大丈夫だったので色違いも欲しいかもと

思っていたら、今年は渋いけど深すぎないカーキ色が登場。

交織のギャバなので玉虫っぽい色合いが優しい。

しかも今年はベルトやチンストラップのデザインが少し変わり男っぽさを感じる堅めのデザインになりました。

しっかりした固めの生地ですが着ていくと馴染んでいく…そんな生地です。

デザインソースは1948年に英国陸軍が着用したマッキントッシュ社製のアーミーコート。

だからか…男っぽいのは。と納得。

とはいえ、Nigelらしい柔らかなシルエットや肩の丸みは女性が着るとぐんっと際立つから不思議。

ベルトの位置が少し高めになりベルトをきゅっと結ぶとより安定感を感じられます。

 

裏地のチェックがかわいいです。

袖裏は綿キュプラを使用しているので滑りが良く袖を通しやすくなっていますよ。

【Nigel Cabourn】1948 BRITISH ARMY COAT  90,200円

そしてSander’sのCHELSEA BOOTSとMILITARY DERBY SHOES。

【Sanders】CHELSEA BOOT  57,200円

【Sanders】MILITARY DERBY SHOES  50,600円

美しい光沢とシルエット、重厚感のある佇まい。

思っているより軽くて、足を入れるとすっと馴染む感じ。

さすが軍用の靴としても使われているだけあってフィット感と安定感があります。

特に底部分の構造が3層にもなっているので歩けば歩くほど自分の足に合ってくるそうです。

先日も一日中履いてたのですが、あ、疲れないという印象でした。

そしてどうも私は後ろ姿を気にしてしまうクセがあるようで

MILITARY DERBY SHOESの後ろ姿の曲線が美しいなぁと思うのです。

いかがでしょうか…?

CHELSEA BOOTSの後ろ姿がこちら。

すーっと入った縦のラインが色っぽい!

こちらも安定感のある履き心地です。

ワンピースにCHELSEA BOOTSを合わせて存在感のあるコーディネイトに。

MILITARY DERBY SHOESはパンツに合わせてすっきりと。

NigelのBRITISH ARMY COATと合わせれば堅い!けど相性はぴったりです。

 

どれも秋冬のコーディネイトには欠かせないアイテムになりそうです。

少し堅めのアイテムですが女性らしいレースのブラウスやワンピース、

可愛い色のソックスなんかと合わせたいな、華奢なピアスやパールなんかもいいかも!

想像は自由にメリハリのあるコーディネイトを楽しめるアイテム達です。

是非是非お試しくださいませ。

yasu