Lifewares & Co. | ライフウェアーズ

Lifewares & Co.(ライフウェアーズ)オフィシャルウェブサイト

A PIECE OF LIBRARY


サンフランシスコを思い出して…の巻

このシャツ a piece of Library の春物新作
名前は ノースビーチシャツ

25年ほど前…アメリカを旅した
ニューヨーク シカゴ ニューオリンズ
そして サンフランシスコとロス
それぞれいろんな想い出がある

このシャツのサンプルが出来上がったとき…
思い出したのがサンフランシスコのあのエリア
それがノースビーチ
ビート・ジェネレーションの発祥地であるノースビーチ
ボヘミアン時代のビートニックたちのたまり場…
それと何と云ってもシティライト・ブックストアは外せない
僕にはよくわからない思想的な本で溢れてた

フィッシャーマンズワーフで熱々のクラムチャウダーを…
ヒッピー文化なヘイトアシュバリーでは古着と古本に中古レコード
そしてチャイナタウンではもちろん大好きな炒飯を…
マンウォッチングしてるだけでも時が過ぎてゆく街
文句なしで楽しかった…サンフランシスコ
クタクタで色褪せたチェックのボタンダウンシャツのイメージ…
そんなノースビーチ

今時分のトレンドなるものとは全くかけ離れているであろう…
こんなチェックのボタンダウンシャツ
しかも女性のみをターゲットにしている
案の定…展示会でのオーダーは微々たるものであったが…(笑)
にもかかわらず 僕的には大変お勧めのシャツである

テレコのタンクトップの上に 釦を2つほど外したノースビーチシャツ
袖も無造作に捲り上げ… その下は程よく馴染んだスタンダードなチノパン
そして 足元は素足にトップサイダーのデッキシューズ もしくはビーサン
(ちょっと…片岡義男の世界だが…)
今どきこんなクラシックなアメリカンスタイルを
さらっと着こなしている女性を見かけたら…
間違いなく振り返るであろう僕

そんなこんなの ノースビーチシャツ
素敵女史が営むこちらでもお取扱いいただいた
感謝…

koba

新着商品のお知らせ

ホームページを作ることになった時に
パソコンに関わる全ての業務が私にとっては初めてのことでした。
正直、そのハード的な部分についての知識や興味は全くなく
馴染みのないことに対しての挑戦は結構ストレスを感じたり…。
ですが、ここを我慢と忍耐でとりあえずやってみる、教えてもらうという素直な心で挑めば
意外とすんなり頭に入ったりするもので、少し楽しくなってきたかな…と感じるこの頃。
小さな発見が重なって、お~そうだったのか~!!なんて大げさに喜んだり。

そんなことを思い出した今回の春のアイテム。
うっすら思い描くシルエットを一つ一つ形にする作業の中で
おもしろい発見をしたり、思うようにいかなかったり、
そして魅力的なシルエットが生まれたり…。
その一つがこのケルティックTシャツ。

前からみるとすっきり、後はゆったり、横からみるとなびくようなライン。
ちょっと面白いパターンで出来上がったシルエットです。
生地の柔らかさもあって包み込まれるようなゆったり感があります。
パンツともスカートとも相性が良く、インナーにシャツや長袖Tを着ても楽しめますよ。
ちなみに同型でスペックボーダーTもあります。

着用してみるとボーダーの向きが面白いTシャツになりました。

web shopにも更新しました。是非ご覧くださいね。

yasu

 

 

ギンガム

今、一番新鮮で心地良く響くギンガムチェック。
柄域といい 色といい 素材感といいちょっといい感じのシャツ。
嫌いじゃないのに、ギンガムの持つ安定感のようなものが
馴染まなくて今まであまり着なかった。

ベーカリーシャツ 11,550円

でもこの生地に出会ってようやく好きになってきた。
柄域が絶妙。
麻100%のしなやかさ。
ディープネイビーという色。
どうにでも崩して着ていただいて大丈夫。
だってギンガムはフランスの伝統的な由緒正しい出身ですから。

web shopにも更新しました。こちらも是非ご覧くださいね。

yasu